留学同情勢ニュース

留学同が朝鮮半島情勢や在日同胞に関する記事を配信するブログです。

朝鮮とマレーシアが共同声明を発表(3月30日)

 朝鮮中央通信によると、朝鮮とマレーシアの両代表団は3月30日、マレーシアの首都・クアラルンプールで起きた事件と関連し、共同声明を発表しました。

 声明文の全文とその日本語訳は、以下の通りです。

****************************

 조선민주주의인민공화국과 말레이시아대표단은 30일 다음과 같은 공동성명을 발표하였다.

1. 최근 조선민주주의인민공화국과 말레이시아대표단은 2017년 2월 13일 꾸알라룸뿌르에서 발생한 조선민주주의인민공화국 공민의 사망으로 하여 산생된 문제의 해결을 위한 회담을 가지였다.

2. 두 나라는 1973년에 수립되여 발전하여온 쌍무관계의 위력에 기초하여 이 문제들을 해결할 의지를 재확언하였다.

3. 두 나라는 외교관계에 관한 윈협약과 그 조항들의 철저한 리행이 가지는 중요성에 대하여 인정하였다.

4. 조선민주주의인민공화국이 사망자의 가족으로부터 시신과 관련한 모든 문건들을 제출하였으므로 말레이시아는 시신을 조선민주주의인민공화국에 있는 사망자의 가족에게 돌려보내는데 동의하였다.

5. 쌍방은 두 나라 공민들에 대한 출국금지조치를 해제하며 자국령내에서 그들의 안전을 담보하기로 합의하였다. 이에 따라 평양에 있는 9명의 말레이시아인들이 말레이시아로 돌아갈수 있게 되였으며 꾸알라룸뿌르에 있는 조선민주주의인민공화국 공민들이 말레이시아에서 출국할수 있게 되였다.

6. 쌍방은 쌍무관계의 중요성을 재확언하였다. 이와 관련하여 두 나라는 무사증제를 재도입하는 문제를 긍정적으로 토의하기로 하였으며 쌍무관계를 보다 높은 단계에로 발전시키기 위하여 노력하기로 합의하였다.


****************************

 朝鮮民主主義人民共和国とマレーシア代表団は30日、以下のような共同声明を発表した。

 1. 最近、朝鮮民主主義人民共和国とマレーシアの両代表団は、2017年2月13日にクアラルンプールで発生した朝鮮民主主義人民共和国公民の死亡によって生じた問題の解決のための会談を行った。

2. 両国は、1973年に樹立されて発展してきた双務関係に基づいて、これらの問題を解決する意志を再確言した。

3. 両国は、外交関係に関するウィーン条約とその諸条項の徹底した履行が持つ重要性について認めた。

4. 朝鮮民主主義人民共和国が死亡者の家族から得た遺体に関連するすべての文書を提出したことから、マレーシアは遺体を朝鮮民主主義人民共和国にいる死亡者の家族に送還することに同意した。

5. 双方は、両国公民に対する出国禁止措置を解除し、自国領内で彼らの安全を保証することで合意した。

これによって、平壌に滞在中の9人のマレーシア人がマレーシアへ帰国できるようになり、クアラルンプールに滞在中の朝鮮民主主義人民共和国の公民らがマレーシアから出国できるようになった。

6. 双方は、双務関係の重要性を再確言した。これに関連して両国は、ビザなし渡航の再導入について肯定的に討議することにし、双務関係をより高い段階へ発展させるために努力することで合意した。

スポンサーサイト

PageTop

【講演会のご案内】「日本の朝鮮に対する経済制裁を考察する講演会及び訪朝報告会」(3/26@東京)

 日本の朝鮮民主主義人民共和国(以下、朝鮮)に対する独自経済制裁が始まって10年以上が過ぎました。この間、日本の経済制裁は、どのような意味を成してきたのでしょうか。
 「日朝友好を願う大学生・大学教員の会」では、10年という節目である今年、日朝関係を発展させ友好関係を築いていくために、経済制裁について改めて考えなおすことが不可欠だと思い、「日本の朝鮮に対する経済制裁を考察する講演会及び訪朝報告会」を企画することにしました。

 また、私たちはこの10年間、草の根的な日朝友好のための活動として、小規模ではありますが朝鮮ツアー(訪朝団)を企画してきました。これまで多くの方が日本では知る・見ることができない朝鮮の歴史にふれ、多くの朝鮮の人たちと交流し、実際の朝鮮の姿を知りました。
 私たちが見た「朝鮮」をより多くの方々と共有し、これからも草の根的な日朝交流を推進していくために、講演会とともに訪朝報告会を行います

 みなさま、ぜひお越しください。

******************

「日本の朝鮮に対する経済制裁
           を考察する講演会
               及び訪朝報告会」

******************



●日時:2017年3月26日(日)13時半受付、14時開始(17時終了予定)

●場所:谷中区民館 多目的ホール
     ※住所:東京都台東区谷中5丁目6-5
     ※アクセス:東京メトロ千代田線千駄木駅から徒歩6分
            JR日暮里駅から徒歩10分

●内容

①講演会
・テーマ:「経済制裁10年史~在日朝鮮人の視点から~」
・講師:李春熙氏(弁護士、第二東京弁護士会人権擁護委員会副委員長、在日本朝鮮人人権協会常任理事)

②訪朝報告会
・パネラー:山本かほり氏(愛知県立大学教員)
       三浦綾希子氏(中京大学教員)
       他、訪朝ツアーに参加した大学生も発言します

③各種アピール

●資料代:500円

※集会後、懇親会を予定しております。


◇主催:日朝友好を願う大学生・大学教員の会

◇お問合せ:03-6272-6607(事務局)
        houtyoudan@gmail.com

制裁講演会及び訪朝報告会チラシ(小)

PageTop