留学同情勢ニュース

留学同が朝鮮半島情勢や在日同胞に関する記事を配信するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本軍「慰安婦」問題の「日韓合意」を交わした南朝鮮当局に対する声明を発表しました。

 日本軍「慰安婦」問題の「解決」を図る「日韓合意」に対して、留学同では先日抗議文を発表し、内閣総理大臣及び外務大臣宛に送付いたしましたが、続いて合意を交わしたもう一方の「当事者」である南朝鮮当局宛に抗議の声明を発表しました。

 こちらも後日、大使館宛に送付いたします。

 声明の全文は、以下の通りです。(朝鮮語です。)

***************************************

일본의 성노예범죄를 비호하는 남조선당국의 반민족적행위를 단죄규탄하는
재일본조선류학생동맹 성명


 우리 재일조선류학생들은 지난 2015년 12월 28일에 남조선당국이 일본군《위안부》문제와 관련하여 일본당국과 《최종적이고 불가역적으로 해결되였다》고 《합의》한데 대하여 민족적분노를 금치 못하고있다.
 이번 《합의》는 피해자들의 존엄과 온 겨레의 요구를 무참히 짓밟고 일본의 법적책임을 철저히 외면한것으로서 우리는 이를 절대로 용납할수 없다.

 이제까지 피해자들은 물론 우리 민족이 일본군《위안부》문제와 관련하여 일본당국에 요구해온것은 사실의 인정과 진상규명,사죄와 배상,책임자의 처벌,추모사업과 옳바른 력사교육의 추진이다.
 그러나 이번 《합의》에는 일본정부의 법적책임에 대하여 일체 언급되지 않았으며 배상이란 말조차 없다.진상규명,력사교육 등에 관해서도 아무런 언급도 없다.
 오히려 《합의》한 직후에 아베수상자신이 《〈위안부소녀상〉의 철거》를 공공연히 주장하고있으며 어느 자민당의원은 《〈위안부〉는 매춘부였다》는 망언까지 내뱉는 형편이다.
 이는 일본당국이 자신들이 과거에 저지른 국가적범죄에 대한 법적책임을 인정하고 사과할 생각이 전혀 없다는것을 그대로 증명해주고있다.
 그럼에도 불구하고 남조선당국은 이러한 요구를 철저히 무시하고 굴욕적인 협상을 그대로 받아들였다.

 일본이 감행한 반인류적인 성노예범죄의 피해자는 조선반도 남쪽에만 있는것이 아니라 북쪽에도,해외에도 있다.
 우리는 미국의 사촉밑에 일본당국과 굴욕적으로 《합의》하여 오랜기간 기다려온 피해자들의 존엄을 또다시 짓밟은 남조선당국의 전대미문의 반민족적만행을 재일본조선류학생동맹의 이름으로 견결히 단죄규탄하며 남조선당국이 온 민족의 소원을 외면하는 반민족적행위를 당장 걷어치울것을 강력히 요구한다.

 우리는 북과 남,해외의 청년학생들이 굳게 단결하여 일본당국이 일본군성노예범죄문제를 비롯한 자신들이 과거에 저지른 국가적죄행에 대한 법적책임을 인정하고 사죄하며 모든 피해자들의 명예와 존엄을 회복하기 위한 배상을 하루빨리 실시할것을 강력히 요구해나갈것이다.

2016년 1월
재일본조선류학생동맹

***************************************

(以下、日本語訳)

日本の性奴隷犯罪を庇護する南朝鮮当局の反民族的行為を断罪糾弾する
在日本朝鮮留学生同盟声明


 私たち在日朝鮮留学生は、去る2015年12月28日に南朝鮮当局が日本軍「慰安婦」問題と関連して、日本当局と「最終的で不可逆的に解決された」と「合意」したことについて、民族的怒りを禁じ得ないでいる。
今回の「合意」は、被害者たちの尊厳と要求をすべて踏みにじり、日本の法的責任を徹頭徹尾否定したものであり、私たちはこれを絶対に許すことは出来ない。

 これまで被害者たちはもちろん、朝鮮民族が日本軍「慰安婦」問題と関連して日本当局に要求してきたことは、事実認定と真相究明、謝罪と賠償、責任者処罰、追悼事業と正しい歴史教育の推進である。
 しかし、今回の「合意」には日本政府の法的責任について一切言及されておらず、賠償という言葉すら無い。真相究明、歴史教育などについても何の言及もない。
 むしろ「合意」した直後に安倍首相自身が「『慰安婦少女像』の撤去」を公然と主張しており、またある自民党議員は「『慰安婦』は売春婦だった」と妄言を吐く始末だ。
 これらは、日本当局が過去に犯した日本の国家的犯罪に対する法的責任を認定し謝罪する考えが全くないことをそのまま証明している。
 にもかかわらず、南朝鮮当局はこれらの要求を徹底的に無視して、屈辱的な協商をそのまま受け入れた。

 日本が過去に犯した反人類的な性奴隷犯罪の被害者は、朝鮮半島の南側だけにいるのではなく、北側にも、海外にもいる。
 私たちは、アメリカの催促の下、日本当局と屈辱的な「合意」を交し、長い間待ち続けて来た被害者の尊厳をまたしても踏みにじった南朝鮮当局の前代未聞の反民族的蛮行を在日本朝鮮留学生同盟の名前で断固糾弾し、南朝鮮当局が全民族の願いを無視した反民族的行為を即刻撤回することを強く要求するものである。

 私たちは、北と南、海外の青年学生たちが強く団結し、日本当局をして日本軍性奴隷問題をはじめとした、日本が過去に犯した国家的犯罪について、その法的責任を認め、謝罪し、全ての被害者たちの名誉と尊厳を回復するための賠償を一日も早く行うことを強く要求していく所存である。

2016年1月
在日本朝鮮留学生同盟


日韓「合意」に対する声明
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。