留学同情勢ニュース

留学同が朝鮮半島情勢や在日同胞に関する記事を配信するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朝鮮外務省スポークスマン声明(2016年8月28日)

 少し前になるが、8月28日に朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンが、国連安保理がSLBM試験発射をはじめとする朝鮮の自衛的措置に対して広報文を発表したことに関連し、声明を発表した。

 声明は、 「国連安全保障理事会が朝鮮半島と地域の平和と安定に深刻な脅威を醸成している、侵略的な米国-南朝鮮合同軍事演習を問題視した我々の提訴に対しては無視しながら、米国の指揮棒に乗せられ、我々の自衛的な抑止力強化に言いがかりをつけることは、国際機構としての公正性を完全に喪失し、朝米間の先鋭な対決において、米国に便乗した不法無道な処置であると言わざるを得ない」と指摘している。

 5度目の核実験前の声明ではあるが、今日の情勢を見るうえで非常に重要な内容と思うので、その全文(本文と日本語訳)を下記に掲載する。

********************

 미국과 그 추종세력들이 유엔안전보장리사회에서 전략잠수함 탄도탄수중시험발사를 비롯한 우리의 자위적핵억제력강화조치들을 걸고드는 공보문을 발표하는 엄중한 적대행위를 또다시 감행하였다.

 미국의 주도하에 조작발표된 유엔안전보장리사회 공보문이라는것은 미국의 극악무도한 핵전쟁위협을 정의의 핵보검으로 근원적으로 종식시키려는 우리의 정정당당한 자위권행사를 문제시하고 가로막아보려는 미국과 적대세력들의 날강도적행위의 산물로서 우리는 이를 단호히 전면배격한다.

 미국이 유엔안전보장리사회를 도용하여 벌려놓은 이번 공보문채택놀음은 우리 공화국의 자주권과 존엄에 대한 란폭한 침해이며 조선반도의 평화와 안정을 해치는 무분별한 도발로 된다.

 미국은 사상최대규모의 핵전략자산들과 방대한 무력을 조선반도에 끌어들여 침략적인 합동군사연습들을 벌려놓다 못해 우리의 최고존엄을 감히 걸고드는것과 같은 무엄한 망동으로 이미 우리에게 선전포고를 한 상태이다.

 미국은 또한 우리의 사상과 제도를 눈에 든 가시처럼 여기면서 온갖 구실을 다 내들며 우리 공화국을 반대하는 비렬한 인권모략소동과 제재압박책동에 광분하고있다.

 유엔안전보장리사회가 조선반도와 지역의 평화와 안정에 심각한 위협을 조성하고있는 침략적인 미국-남조선합동군사연습을 문제시한 우리의 제소는 극구 외면하면서 미국의 지휘봉에 놀아나 우리의 자위적억제력강화를 걸고든것은 국제기구로서의 공정성을 완전히 상실하고 조미사이의 첨예한 대결에서 미국에 편승한 불법무도한 처사가 아닐수 없다.

 미국과 그 추종세력들이 우리의 자위적대응조치들을 유엔안전보장리사회 《결의》위반이요 뭐요 하고 걸고들고있지만 그 《결의》가 과연 유엔헌장에 부합되는 합법적인 문서인가에 대해서는 유엔사무국도 답변을 못하고있다.

 우리는 미국의 전대미문의 대조선적대시정책과 핵위협에 맞서 일단 기회만 조성되면 미국본토와 태평양작전지대안의 침략무력을 일거에 재가루로 만들어버릴수 있는 실질적수단들을 다 갖추었다.

 우리는 이미 미국이 우리의 전략잠수함 탄도탄수중시험발사를 걸고드는것과 같은 경거망동은 자멸의 길을 재촉할뿐이며 분노에 찬 우리의 섬멸적인 타격을 피할수 있는 최상의 방도는 우리의 존엄과 안전을 건드리지 않고 자중, 자숙하는것이라는데 대해 경고하였다.

 미국이 우리의 엄숙한 경고를 무시하고 우리 공화국의 존엄과 생존권을 위협한 이상 우리는 당당한 군사대국으로서 보여줄수 있는 모든 사변적인 행동조치들을 다계단으로 계속 보여줄것이다.

 이로 하여 발생하는 모든 후과에 대하여서는 전적으로 미국과 그에 추종한 세력들이 책임지게 될것이다.

 폭제의 핵에는 정의의 핵으로, 침략전쟁에는 정의의 조국통일대전으로 대응하려는 우리 군대와 인민의 의지를 그 누구도 절대로 꺾을수 없다.

********************

 米国とその追随勢力が国連安全保障理事会で、戦略潜水艦弾道ミサイル水中試験発射をはじめとする、我々の自衛的核抑止力強化措置に対して言いがかりをつける広報文を発表するという、厳重な敵対行為をまたもや行った。

 米国の主導の下に操作発表された、国連安全保障理事会の広報文というものは、米国の極悪無道な核戦争の脅威を正義の核の宝剣で根源的に終息させるという、我々の正々堂々たる自衛権の行使を問題視し妨げようという、敵対勢力の強盗さながらの産物であり、我々はこれを断固排撃する。

 米国が国連安全保障理事会を登用して繰り広げた今回の広報文採択は、わが共和国の自主権と尊厳に対する乱暴な侵害であり、朝鮮半島の平和と安定を害する無分別な挑発になる。

 米国は史上最大規模の核戦略資産と膨大な武力を朝鮮半島に引き寄せ、侵略的な合同軍事演習を繰り広げるばかりでなく、我々の最高尊厳に言いがかりをつけるという無礼な妄動によって、すでに我々に宣戦布告している状態である。

 米国はまたもや我々の思想と制度を目の上のたん瘤のように扱い、あらゆる口実でわが共和国を反対する、卑劣な人権謀略騒動と制裁圧迫策動に狂っている。

 国連安全保障理事会が朝鮮半島と地域の平和と安定に深刻な脅威を醸成している、侵略的な米国-南朝鮮合同軍事演習を問題視した我々の提訴に対しては無視しながら、米国の指揮棒に乗せられ、我々の自衛的な抑止力強化に言いがかりをつけることは、国際機構としての公正性を完全に喪失し、朝米間の先鋭な対決において、米国に便乗した不法無道な処置であると言わざるを得ない。

 米国とその追随勢力が我々の自衛的対応措置を、国連安全保障理事会「決議」違反だと言いがかりを付けているが、その「決議」がはたして国連憲章に符合する合法的な文書なのかということについては、国連事務局も答弁できていない。

 我々は米国の前代未聞の対朝鮮敵視政策と核による脅威に立ち向かい、いったん機会だけ醸成されれば、米国本土と太平洋作戦地域の侵略武力を、一挙に灰にすることができる実質的手段をすべて備えた。

 我々はすでに、米国が我々の戦略潜水艦弾道ミサイル水中試験発射に言いがかりを付けるような軽挙妄動は自滅の道を催促するだけであり、怒りに満ちた我々のせん滅的な打撃を避ける唯一の方法は、我々の尊厳と安全に手を出すのではなく、自重、自粛することだという事を警告した。

 米国が我々の厳粛な警告を無視し、わが共和国の尊厳と生存権を脅かす以上、我々は堂々たる軍事大国として、見せることができる全ての事変的な行動措置を、多段階に引き続き見せるだろう。

 これによって発生する、すべての結果については全的に米国とそれに追従した勢力が責任をとることになるだろう。

 暴政の核には正義の核で、侵略戦争には正義の祖国統一大戦で対応するという、わが軍と人民の意思を誰にもくじくことはできない。

14_R.jpg
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。