留学同情勢ニュース

留学同が朝鮮半島情勢や在日同胞に関する記事を配信するブログです。

5.18、「あなたのための行進曲」再び

 1980年5月の光州民衆抗争。
 軍事独裁政権に反対して立ち上がった市民たちを、全斗煥を中心とした「新軍部」が武力により鎮圧、多数の罪なき市民が虐殺された事件であるが、「5.18精神」が今日まで民衆に受け継がれている姿は昨年の「ローソク革命」でも再確認することが出来た。

 さて、光州民衆抗争で有名な歌が「あなたのための行進曲(님을 위한 행진곡)」。
 5.18の直後に作られたこの歌は、民衆抗争による犠牲者を追悼する歌であるが、同時に南における民主化闘争の現場で広く歌われた民衆歌謡の代表曲でもある。
 1997年から政府主幹の行事として光州民衆抗争の犠牲者を追悼する記念式典が行われるようになり、この曲が必ず参加者全員により斉唱されてきたが、李明博・朴槿恵の保守政権時代であった2009年以降は斉唱されなくなり、式典前に合唱団だけが歌う形に大幅縮小された。
 その理由は、「歌詞が北を賛美している」、「タイトルの『あなた』が北の指導者を意味している」などといったあまりにも荒唐無稽なものであるが、これらは民衆抗争自体を「北の工作」とする維新残党勢力のとち狂った考えがそのまま反映されていると言える。

 さて、民衆による「ローソク革命」により朴槿恵が弾劾、辞任へと追い込まれ、その結果5月に行われた大統領選により9年ぶりの革新政権である文在寅政権が誕生。彼の大統領就任直後に行われた今年の5.18記念式典では、9年ぶりに「あなたのための行進曲(님을 위한 행진곡)」が参加者全員により斉唱する形に戻され、文大統領も一緒に歌った(ちなみに前大統領・朴槿恵は昨年まで3年連続で出席すらしなかった)。
 史上最も多くの参加者らにより9年ぶりにこの曲が歌われる姿に南の劇的に変化した姿を見るとともに、自由韓国党の議員らがこの歌を歌わない姿に維新残党の腐敗ぶりを目の当たりにすることが出来た。

518追悼式典

 日帝植民地時代から分断時代を経て形成され、未だに残存する南の親日親米構造が完全に清算され、自主的平和統一を民衆の力で成し遂げ、この曲がすべての人により歌われる日が一日も早く来ることを待ち望んでいる。(賢)


*なお、この曲を初めとした南の民衆歌謡については、下記の記事を参照されたい。

  「南の民主化闘争と民衆歌謡」
  http://rhtjnews.blog.fc2.com/blog-entry-6.html


*「あなたのための行進曲(님을 위한 행진곡)」
  https://www.youtube.com/watch?v=G5o7caWR5yQ
  詞:백기완(ペク・キワン)
  曲:김종률(キム・ジョンニュル)

 사랑도 명예도 이름도 남김없이
 한평생 나가자던 뜨거운 맹세
 동지는 간데없고 깃발만 나부껴
 새날이 올 때까지 흔들리지 말자
 세월은 흘러가도 산천은 안다
 깨어나서 외치는 뜨거운 함성
 앞서서 나가니 산 자여 따르라
 앞서서 나가니 산 자여 따르라

 愛も名誉も名前も残さず
 一生涯かけて進もうという熱い誓い
 同志はいなくなり旗だけが翻る
 新しい日が来る時まで揺れずに生きよう
 年月は流れても山河は知っている
 目覚めて叫ぶ熱い叫び
 先に行くから生きている者よ、ついてこい
 先に行くから生きている者よ、ついてこい
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する